クレジットカード現金化とカード審査への影響

クレジットカードの現金化は誰もが利用できる便利な現金調達法ですが、クレジットカード審査に通らなければ現金化も利用することができません。

さらに現金化を利用したことがばれてしまった場合に、別のカード審査に通らない可能性もあります。

では現金化を利用するために、どのようにクレジットカード審査に通りやすくできるのでしょうか。

審査が通りにくくなる事がある?

審査への影響
クレジットカード審査は、どのクレジットカード会社でも行うものです。

審査のないカード会社があるなら、それは良い業者ではないので注意しましょう。

クレジットカード審査は、基本的に申請者の属性によって合否が決まります。

申請者の属性とは、年齢、家族構成、勤務先、年収、勤務年数など、その人の情報のことです。

家族構成では、独身者よりも既婚者の方が、既婚者の中では子供がいた方が審査に通りやすくなります。

勤務年数も1年以上は同じ勤務先に勤めていた方が良いでしょう。

年収はもちろん高い方がいいのですが、もし実際の年収よりも高く申請している場合、高い確率でばれることになります。

嘘をついていたことがわかると審査に落ちるので必ず正確な情報を記入するようにしましょう。

さらに家は持ち家か賃貸か、資産はあるかといった情報もカード審査の合否に影響を与えます。

影響がどの程度出てしまうのか

ではクレジットカードの現金化を利用したことがばれてしまった場合にはその後のカード審査に影響が出るのでしょうか。

絶対に影響が出るとは言い切れないのですが、別のカード審査で落とされる可能性は十分にあります。

というのは、カードの審査で重要視されるのは信用情報だからです。

信用情報には、クレジットカードの申請者が今どのくらいの借入れがあるのか、すでにたくさんクレジットカードを持っているのか、返済が遅れたことはあるのか、そしてクレジットカードが停止になったことがあるのあなどがすべて記載されています。

現金化を利用するとクレジットカード会社の規約違反となり、最悪の場合強制解約になります。

そうなるとその情報も信用情報に記載されることになるでしょう。

別のクレジットカード会社にカード審査を申請しても、強制解約の過去について知られてしまうと落とされてしまうかもしれません。

こうした危険性があることから、クレジットカードの現金化を利用する際には慎重に行うべきです。

今のクレジットカードや将来作るかもしれないクレジットカードのためにも、本当に必要な時だけ現金化を利用するようにしましょう。