なぜ、クレジットカード現金化が可能なのか

クレジットカード現金化は、お金が借りにくくなった現在の日本で注目を集めているビジネスの一つですが、一方で、その仕組みが法令に違反しているのではないかという指摘も度々受けています。
実際には法令に違反してはいないのですが、確かに、クレジットカードがあればすぐに現金が手に入れられるなんて、不思議と言えば不思議ですよね。
なぜ、こんなビジネスが可能なのでしょうか。

それを知るにはまず、クレジットカードの仕組みについて理解する必要があります。
私たちが日常何気なく使用しているこのカード、いったいどんな仕組みでショッピングができるのでしょう。

クレジットカードを使って買い物をすると、まず商品の金額はカード会社へ請求されます。
カード会社は、こうした請求額を店へと支払い、後日、カードの名義人あてに同じ金額を請求します。
つまり、カードを使うと商品に対する支払い義務を、一度カード会社に肩代わりしてもらっている事になります。
カード会社からお金を「借りた」わけですから、必ず返済しなくてはならないというわけです。

クレジットカードを作る際には、この返済の能力があるかどうかを、カード会社によって厳しく審査されます。
職業や年収などをチェックされるため、現在無職だったり、学生や主婦だったりすると原則、加入する事ができません。

カード会社の審査をパスしたと言う事は、一定の信用度(クレジット)を得たと言う事になるため、カード会社は一時的に支払いを無利子で肩代わりしてくれるのです。

クレジットカード現金化は、こうしたクレジットカードの仕組みを利用したものです。
クレジットカード現金化業者は、商品の代金をカード会社に支払ってもらえるため、利用者の収入などを厳しく審査する必要がありません。
商品代金を支払ってもらえないなどのトラブルに見舞われる事もなく、低リスクでビジネスを展開できるわけです。

このように、クレジットカード現金化は利用者と業者双方にリスクの少ない仕組みなのです。