クレジット現金化には2種類の方法がある

クレジットカード現金化には2種類の方法があります。
これは、商品買取方式といわれるものと、キャッシュバック方式といわれるものになります。
どういった違いがふたつの方式にはあるのでしょうか?

商品買取方式は、クレジットカード現金化が登場したときからある方式となっています。
これは、商品を一旦業者から購入し、その代金をクレジットカードで支払います。
その購入した商品を業者に買い取ってもらうことによって、クレジットカード現金化が可能になるのです。

商品の受け渡しを行う必要がありますから、その分現金を手にできるまでに少し時間がかかってしまうということになります。
現在は購入と買取をインターネットを利用して擬似的に行う場合もあるようですが、基本的にはこの方式では現金化に時間が必要ということになります。

一方のキャッシュバック方式は、最近のクレジットカード現金化では主流になりつつある方式です。
これは、商品を購入したお客様にキャッシュバックをするということで、現金を渡すということになります。
現金という特典がついている商品を購入する、といえば分かりやすいでしょうか。

このキャッシュバック方式ですと、受け取った商品を返送する必要もありません。
また、先に現金を振り込みで受け取っておき、後から商品を受け取るだけで現金化が完了します。
この場合は、商品買取方式が現金化に10日前後かかるのに比べて、最短で5分程度で現金を手にすることができるようになっています。
急いでいる方に、ピッタリといえる方式でしょう。

いずれの方法でも、現金化までに時間がかかるのであれば還元率が高くなり、急ぎで現金を手にしたいということであれば還元率が低くなる傾向にあります。
クレジットカード現金化が成功するポイントは、還元率とも言われています。
自分が現金が必要なときまでに確実に用意できて、なおかつ高い還元率を設定している業者を選択する必要があるでしょう。