クレジットカード現金化の悪質業者に気をつけよう!

クレジットカード現金化を行なっている業者の中には、異常に低い換金率で暴利をむさぼる悪質なものもあります。

 

そうした業者を見分けるためのポイントは「公式サイトに掲載されている情報」および「口コミ」の2つです。

優良な業者は商売を長く続けていくことを念頭に置いているので、ユーザーの視線に立って公式サイトをできるだけ分かりやすくデザインしています。

問い合わせ用の電話番号やチャットコーナーを設けているケースもあります。

また、換金率の計算方法についても「幾ら以上なら換金率がアップします」という説明をきちんとしているので、後になって利用者とトラブルになることがほとんどありません。

一方、悪質な業者は短期で集中的に稼ぐことを目標としているため、サイト上には目を引くような換金率を記載した広告ばかりで具体的なデータを載せていないことがほとんどです。

カスタマーサービス用の電話番号が準備されていないのであれば、その業者と取引するのを見送るのが賢明でしょう。

ネット上の口コミも悪質なクレジットカード現金化業者を見分ける助けになります。

悪い口コミが多いのはもちろんのこと、口コミがほとんどない業者に関しても注意が必要です。

現金化に関しては実績のある業者を利用するのが確実である、ということをいつも銘記しておきましょう。