クレジットカード現金化と法律

クレジットカード現金化についてインターネットなどで調べてみると、「法律に抵触する恐れがある」ということがしばしば書かれています。

このように言われるといくら便利なサービスでも、「実際に利用するのは…」と躊躇するでしょう。

結論から言いますと、きちんとした業者で利用すれば、違法行為にはならないという意見が多いです。

 

クレジットカード現金化と法律との兼ね合いで問題になるのが、貸金業法に抵触するかどうかです。

クレジットカード現金化はあくまでも正規の商取引が基本です。

そのうえで手数料分を差し引いた額を現金として支払うというシステムです。そうなると貸金業ではなく、古物商と解釈できます。

 

ですからクレジットカード現金化業者が古物取引の許可を持ったうえでサービス提供していれば、問題はないでしょう。

 

またクレジットカードのショッピング枠を買い取るということになれば、違法行為になる可能性が出てきます。しかしクレジットカード現金化は買い取り方式ではなく、キャッシュバック方式を採用しています。

ですから違法性はないでしょう。

家電量販店ではポイントによるキャッシュバック方式を採用していますが、これと基本的に仕組みは一緒です。