クレジットカード現金化は自分でやった方が安全?

「クレジットカード現金化サービスには幾つものリスクがある」とされているため、「自分で金券ショップなどに持ち込めばリスクはもっと減らせる」と考える人がいるようです。とはいえ、圧倒的にリスクが高いのは「個人で現金化をする場合」です。その理由は「購入履歴」です。

クレジットカード現金化を行っている業者はほとんどが決済をスムーズに行うため代行業者を利用しています。そして代行業者もカードの現金化を行っているとカード会社に見破られないため、いろいろな方法を活用して決済の詳細が簡単には分からないようにしています。ですから「この決済はクレジットカード現金化の可能性がある」と容易に見分けることはできないわけです。

一方、個人として換金目的でギフト券や換金利率の高い商品を購入した場合にはフィルタとして機能するものがなにもありません。決済の詳細はすべて瞬時にカード会社へと通知されます。カード会社はほとんどの場合、カード現金化の可能性がある決済情報を探知するソフトウェアを組み込んでいて、怪しい案件はすぐにピックアップされて管理担当者に通知されてしまいます。ですから個人で現金化をしようとするのは業者を介して行うよりもよっぽどリスクが高いのです。そのため「すぐに現金が必要」という場合には、営業実績のある業者を利用するのが無難であると思います。